読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

58FLOW

Android、行動経済学、ガジェットなどが好きです。日々感じたこと、ちょっとだけ役に立つかもしれないことなどいろいろ書きます。

休日の憂鬱

注意

  • 日記です
  • しかもネガティブです

休日の憂鬱

休日。こういう日はいろいろ考えすぎてしまいます。その内容といえば恥ずかしながら自分の今の事・将来の事といったあまりにありふれた悩みだったりするのです。こういった類いのことは他人の事となれば世にあふれる成功法則のような定型文で答えを出す事は容易に出来ますが、いざ自分の事となるとまるで自分が砂漠に放り出されたかのように方向を見失ってしまいます。いっその事そこいらの宗教でも妄信してしまった方が自分に対するあらゆる事はその教えの結果であったと押し付けたりも出来ますが、残念ながら先人の書いた教典に対してその思惑を探ってしまう程度に僕は寒い性格を持ってしまったのでそれも叶いません。


休日にこのような事を感じるのは、明らかに自分の将来の能力・環境などを能動的に求めなければならない状況で現在のそれとのギャップに失望してしまうからです。平日であれば仕事など大抵やるべき事は決まっていてそこに多くの労力を割いていれば不安要素を考える暇もなく自分がほんの少しでも進んでいるという言い訳が出来ますが、休日となると将来だとかいう現実と直接対峙しなければならず、しかもそれに対してやるべき事と現状とのギャップが大きい事を認識させられるのです。


僕の知る限りで所謂「成功」をしている人や幸福感を持ちつつ社会的に認められている人は「将来像」などといった偶像に支配される事は無くただ単純に自分の好きな事をやり続けて、時に嫌いになりそうになりつつもそれを極めんとしている人のように思います。実際のところ僕にもそのような感覚があった気がしますが、最近感じるのはとちらかと言えば「成功」の呪縛の方であり「将来像」やシャドウ*1に押しつぶされそうになったりします。


非生産的な事であるとは理解しつつも自分の過去の選択を後悔するということを稀にではありますがしてしまいます。「人生に無駄な事など無い」という誰もが一度は口にするお決まりの文言については僕自身もそう考える事に賛成の立場ではありますが、マルチプロセッシングのごとく理性とは別のところで動く感情もありますのでこの悩みはお察しの通りです。ときに自分のアイデンティティを形成していたものにさえ疑問を持ってしまうくらいに不器用な生き方をしています。不器用といえば不思議と格好良くも聞こえますが、そういう場合はすでに成功者の厚みを持っているのだと思います。


さて、ここまでネガティブな文章を読んだ酔狂な人がいるかはわかりませんが、ネガティブであるだけではいけないので何かしらの事はしなければなりません。この文章を書いている事自体が一つにはそういう理由もあったりしますが、この状況を打開するにはとにかく行動をする事でしかありません。まあしかしそういった理由で行動行動と言ってしまうとなおさら呪縛は強くなるので、もっと好きな事をやりたいなとは思うのです。


そんな訳で面白い企画などがあったらきっと参加するのでよろしくお願いします。

http://bananabongo.com